ステップバック法

 

歯内治療学・根管拡大・根管形成時におけるステップバック法とは、小さいファイルから大きなサイズのファイルへと号数を大きくしながら、根尖方向から根管上部へと拡大していく方法である。