歯髄鎮静法(歯髄鎮静消炎療法)

歯髄鎮静法(歯髄鎮静消炎療法)は、可逆性歯髄炎に対する歯髄保存療法である。

歯髄鎮静法では、歯髄の鎮静・消炎を行い、歯髄を健全な状態に戻すことを目的とする。

窩洞にフェノールカンフルやユージノール、グアヤコール製剤やパラモノクロロフェノールカンフル(CMCP)を貼薬し、貼薬後に仮封をして歯髄の鎮静をはかる処置法である。