パラホルムアルデヒド

パラホルムアルデヒドは間接覆髄法や象牙質知覚過敏症の治療などに用いられる。

強い殺菌作用やタンパク質凝固作用、防腐作用がある。

刺激性が強く、軟組織には使用できない。