根管口の確認

髄腔開拡後の根管口の確認には、スムースブローチ(根管探針)が用いられる。

根管口が確認できない場合、ヨードチンキをにより髄床底を染色することで根管口を明示したり、実体顕微鏡を用いて根管口を探索する。