根管充填の時期を決定する目安

根管充填を行うにあたり、感染根管は無菌的な状態でなければならない。

根管充填を行うにあたっては、以下のような要件が必要である。

  • 細菌培養検査(-)
  • 適切な根管形態
  • 自発痛の消退
  • 打診痛の消退
  • 根管内滲出液の消退
  • 排膿の消退
  • 根尖部歯肉の発赤や腫脹の消退
  • 綿栓に着色や悪臭が見られない