根管充填後の創傷治癒

根尖部の治癒形態には、根尖部の結合組織における瘢痕形成、または根尖部のセメント質の添加による根尖孔の完全閉鎖がある。

理想的な根尖部の治癒形態は、根尖部のセメント質添加による根尖孔の完全閉鎖(骨性瘢痕治癒)である。

ガッタパーチャポイントによる過剰な根管充填があると、セメント質の添加が妨げられるため、過剰根充は避けなければならない。

また、溢出根管充填剤は異物反応として、線維性の被包化が生じる。