外部吸収

外部吸収は、炎症や嚢胞、矯正治療や外傷、ウォーキングブリーチや移植・再植により歯根の象牙質やセメント質が病的に吸収されることである。

原因や外部吸収の範囲・程度によって、感染根管治療や外科的処置(歯根尖切除術)が施される。