歯髄電気診による歯髄炎の鑑別

歯髄電気診によって歯髄炎の鑑別を行うことは困難であるが、その傾向を把握できる場合もある。

歯髄電気診の閾値が低い

– 歯髄充血
– 急性単純性歯髄炎

歯髄電気診の閾値が高い

– 慢性歯髄炎
– 急性化膿性歯髄炎
– 壊疽性歯髄炎