直接覆髄法の適応と目的

直接覆髄法は、自覚症状を伴わない非感染性の2mm以内の点状露髄に対して適応される。

直接覆髄法は、デンチンブリッジの形成を目的とする。