歯内治療学

歯内治療学・歯内療法学の用語集です。

硬化性骨炎

硬化性骨炎とは、感染根管からの持続的な細菌性刺激により骨組織に炎症が生じ、骨梁の厚みが増すことで、エックス線画...

根尖通過法

根管通過法とは、通常の感染根管治療などでは瘻孔が消失しない場合に、生理食塩水などを根管から根尖孔、瘻孔まで通過...

側方性歯周嚢胞

側方性歯周嚢胞は、歯根の側方に稀に生じることのある顎骨嚢胞である。 萌出時の歯冠周囲炎などが原因と考えられてい...

Hofrath嚢胞(ホフラート嚢胞)

Hoflath嚢胞(ホフラート嚢胞)とは,下顎第三大臼歯の遠心側に生じた歯周嚢胞のことである. エックス線画像...

根管消毒剤(根管貼薬剤)

根管消毒剤に求められる要件・必要な条件とは、以下の点である。 消毒作用に優れている 殺菌力に持続性がある 歯髄...

ステップバック法

  歯内治療学・根管拡大・根管形成時におけるステップバック法とは、小さいファイルから大きなサイズのフ...

歯髄の神経線維(Aδ線維・C線維)

歯髄には,三叉神経の上顎神経・下顎神経から分岐した神経が分布している. 歯髄の痛覚をつかさどる神経線維には,A...

スミヤー層

スミヤー層とは、リーマーやファイルなどの根管内切削器具により根管の機械的清掃を行った際に、根管内に存在していた...

慢性増殖性歯髄炎(歯髄ポリープ)

慢性増殖性歯髄炎は、露髄部に炎症性肉芽組織がポリープ状に増殖したものをいう。この部位を歯髄ポリープという。 露...

水酸化カルシウム

水酸化カルシウム製剤は、間接覆髄・暫間的間接覆髄(IPC)・直接覆髄などの覆髄材として、また根管充填剤や貼薬剤...

歯髄壊死・歯髄壊疽・壊疽性歯髄炎

歯髄壊死 歯髄は失活している。感染根管治療を行う。 歯髄壊疽 歯髄は失活している。感染根管治療を行う。髄腔開拡...

歯根嚢胞の嚢胞壁

歯根嚢胞は、重層扁平上皮で覆われた嚢胞壁を持っている。 歯根嚢胞の嚢胞壁は以下のような3つの層により構成されて...

暫間的間接覆髄法(IPC法)

暫間的間接覆髄法(IPC法)は、軟化象牙質を一層残した状態で、水酸化カルシウムなどの覆髄剤を適用し、修復象牙質...

急性化膿性歯髄炎

急性化膿性歯髄炎の特徴として、以下の点が挙げられる。 拍動性自発痛 温熱刺激で疼痛増悪 電気診閾値上昇 露髄 ...

急性化膿性根尖性歯周炎の進行

急性化膿性根尖性歯周炎は、以下のようなステージを経て経過する。 根尖から粘膜の方へと炎症が波及していくイメージ...

急性化膿性根尖性歯周炎の応急処置

急性化膿性根尖性歯周炎の応急処置としては、主に以下の3種類の処置が挙げられる。 抗菌薬の投与 咬合調整→患歯の...

根管長測定法

根管長測定法には、主に以下の方法が挙げられる。 電気的根管長測定法(インピーダンス・電気抵抗値) エックス線画...

根管内切削器具(リーマー・ファイル)のISO規格(国際規格)

先端部の直径 先端部の直径の100倍:0.15mm→15号 先端部から把持部へ1mmあたり2/100mm太くな...

根管消毒剤の組織浸透性を高める因子

根管消毒剤の組織浸透性を高めるためには、以下の因子が求められる。 揮発性である 表面張力が小さい 脂質溶解性で...

リーマー・Kファイル・Hファイル(根管内切削器具)

根管内切削器具には、リーマーやファイルがある。ファイルには、KファイルとHファイルがある。 以下に、それぞれの...

ラバーダム防湿の目的

ラバーダム防湿の目的としては、主に以下の点が挙げられる。 唾液による術野の湿潤・感染防止 切削片や壊死物質など...

クラウンダウン法

クラウンダウン法とは? クラウンダウン法は、大→小のファイルへとサイズを小さくしていきながら、根管上部から根尖...

Ni-Ti(ニッケルチタン)ロータリーファイル

Ni-Tiロータリーファイル(ニッケルチタンロータリーファイル)は、彎曲根管に有利な根管内切削器具である。 ク...

電気抵抗値(インピーダンス)診査

インピーダンス(電気抵抗値)測定法により、う蝕の進行度や露髄の有無、また根管壁穿孔の有無や根管長の測定も可能で...

コロナルフレアー形成

コロナルフレアー形成とは、根管口付近・歯冠側1/3におけるロート状の拡大のことである。 根管口部をロート状に拡...

フレアーアップ(flare-up)

フレアーアップとは? フレアーアップ(flare-up)とは、慢性根尖性歯周炎などに対する感染根管治療により引...

歯冠漏洩(コロナルリーケージ)

歯冠漏洩(コロナルリーケージ)とは、歯冠側から根尖側に細菌などが漏洩することにより、根管内に感染が生じてしまう...

イスムス

イスムスとは、根管と根管を連結する狭小部のことである。 上下顎大臼歯の近心根に多く見られる。

根管充填後の創傷治癒

根尖部の治癒形態には、根尖部の結合組織における瘢痕形成、または根尖部のセメント質の添加による根尖孔の完全閉鎖が...

アピカルシート・アピカルカラー

このページでは、アピカルシート・アピカルカラーの解説をする。 アピカルシートとは? アピカルシート(アピカルス...

レッジ

レッジとは、彎曲根管などに対して強引に根管拡大・根管形成を行ったことで、根管壁の主に外側に生じる段差・ステップ...

EDTA液

根管清掃剤としてのEDTA(Etylenediamine Tetraacetic Acid)液には、以下のよう...

実体顕微鏡を使用する目的

主に歯内治療において実体顕微鏡を用いる目的としては、以下の点が挙げられる。 歯根破折の診査 器具破折の診査 根...

感染根管治療の難治症例

感染根管治療を行っても治癒しにくい例として、以下のような症例が挙げられる。 歯根嚢胞:上皮層の存在 根尖病巣と...

タグバック(tug back)

タグバック(tug back)とは、根管充填においてポイントを引き抜く際の抵抗感のことである。

ジップ

ジップとは、彎曲根管に対して根管形成・根管拡大を行った際、彎曲根管の外側に生じる過度な形成のことをいう。 ジッ...

ストリップパーフォレーション

ストリップパーフォレーションとは、根管形成・根管拡大時における過度の切削により根管側壁が穿孔した状態のことであ...

仮封の種類

仮封には、主に以下のような種類がある。 単一仮封 二重仮封 穿通仮封(Weiser仮封)

根管充填の目的

根管充填法には、以下のような目的がある。 死腔の封鎖 細菌の再感染防止 無菌状態の維持 根尖歯周組織の治癒促進

パラホルムアルデヒド

パラホルムアルデヒドによって、歯髄は歯髄のタンパク質と反応し、壊死する。 この作用により、パラホルムアルデヒド...

ガッタパーチャポイントの成分

ガッタパーチャは、以下のような成分から構成されている。 ガッタパーチャの主成分は、酸化亜鉛(60%)である。 ...

生活歯髄切断法・生活断髄法

生活歯髄切断法・生活断髄法は、根尖部の歯髄を保存できる場合に抵抗される歯髄の一部除去療法である。 根未完成歯で...

根尖搔爬術

根尖掻爬術は、過剰根管充填(オーバーフィリング)や根尖部の肉芽組織を除去する目的で行われる。 歯根切除法は根尖...

直接覆髄法の適応と目的

直接覆髄法は、自覚症状を伴わない非感染性の2mm以内の点状露髄に対して適応される。 直接覆髄法は、デンチンブリ...

仮封材の種類

仮封に用いられる仮封材には、以下のような種類がある。 仮封材の種類 酸化亜鉛ユージノールセメント 水硬性セメン...

補助的感染根管治療

補助的感染根管治療とは、感染根管治療を行っても治癒しない場合に補助的に行う感染根管治療のことである。 補助的感...

ガッタパーチャの除去

ガッタパーチャは有機溶媒に対して可溶性である。 このため、ガッタパーチャの除去にはオレンジソルベントやクロロホ...

Weiser仮封(穿通仮封)

Weiser仮封(穿通仮封)とは、仮封の手法の一種で、仮封材の一部分を探針などを用いて穿通させた仮封のことであ...

根管口の確認

髄腔開拡後の根管口の確認には、スムースブローチ(根管探針)が用いられる。 根管口が確認できない場合、ヨードチン...

ラバーダム防湿に用いる器材

ラバーダム防湿に用いられる器具・器材は以下の通りである。 ラバーダムクランプ クランプフォーセプス ヤングのフ...

ターンアンドプル

ターンアンドプルは、根管拡大・根管形成においてKファイルなどを用いて回転・ファイリング操作で形成する手技の一つ...

根管内の細菌検査

根管内の細菌検査には、大きく分けて塗抹検査と細菌培養検査がある。 塗抹検査 塗抹検査では、根管内に存在する細菌...

間接覆髄法に用いられる覆髄剤

間接覆髄法において用いられる間接覆髄剤には、主に以下のような薬剤の種類がある。 水酸化カルシウム製剤 ユージノ...

歯髄鎮静法(歯髄鎮静消炎療法)

歯髄鎮静法(歯髄鎮静消炎療法)は、可逆性歯髄炎に対する歯髄保存療法である。 歯髄鎮静法では、歯髄の鎮静・消炎を...

ガッタパーチャポイントの特徴

根管充填法で用いられるガッターパーチャポイントの特徴・所用性質としては、以下のような点がある。 熱可塑性 化学...

フェノールスルホン酸

フェノールスルホン酸は、有機質溶解剤・無機質溶解剤として、根管洗浄などに用いられる強酸性の薬剤である。 フェノ...

根管充填の時期を決定する目安

根管充填を行うにあたり、感染根管は無菌的な状態でなければならない。 根管充填を行うにあたっては、以下のような要...

セファログラムの計測点

側面頭部エックス規格写真(セファログラム)の計測点には以下のようなものがある。 セファログラムの計測点 N(ナ...

ホルムクレゾールが根管貼薬剤として用いられる理由

根管貼薬剤としてのホルムクレゾール(FC)には、以下のような性質がある。 強力な殺菌作用 歯質浸透性 タンパク...

内部吸収

内部吸収とは? 内部吸収とは、外傷などにより歯髄に肉芽組織の増殖が生じ、それにより生じる内部からの歯質の吸収の...

外部吸収

外部吸収は、炎症や嚢胞、矯正治療や外傷、ウォーキングブリーチや移植・再植により歯根の象牙質やセメント質が病的に...

パラホルムアルデヒド

パラホルムアルデヒドは間接覆髄法や象牙質知覚過敏症の治療などに用いられる。 強い殺菌作用やタンパク質凝固作用、...

割り箸による楔応力検査

割り箸による楔応力検査は、亀裂などによる咬合痛を診査するのに簡便で非侵襲的な検査法である。 割り箸やバルサ材な...

根管イスムス

根管イスムスとは、根管と根管をつなぐ狭小部のことである。 イスムスは、上下顎大臼歯近心根や上顎小臼歯根などの扁...

2根管の発現頻度が高い根管

2根管の発現頻度が高い根管を以下に示す。 上顎第一小臼歯根(頬側根管・舌側根管) 下顎第一大臼歯近心根(近心頬...

歯内歯

歯内歯とは、歯冠部エナメル質・象牙質が歯髄腔内に陥入している状態の歯のことである。 歯内歯は上顎側切歯に好発す...

MTAセメント

MTAセメントの概要・特徴を以下に示す。 Mineral Trioxide Aggregateの略である 強ア...

偶発的露髄

偶発的露髄とは、外傷による歯冠破折や窩洞形成によって偶発的に歯髄の一部が口腔内に露出することである。 露髄した...

意図的再植術

意図的再植術とは、歯根尖切除術が必要であるが部位的に困難である症例に対して、意図的に患歯を抜去し、口腔外で処置...

サンダラック仮封

サンダラック仮封とは、天然樹脂の溶解液であるサンダラックを浸した綿球を、髄室内に挿入する仮封の術式である。口腔...

根管消毒剤の具備すべき要件

根管消毒剤の具備すべき要件としては、以下のような点が挙げられる。 強力な殺菌作用 持続的な殺菌作用 優れた浸透...

再帰ファイリング(recaptitulation)

再帰ファイリング(recaptitulation)とは、根管形成の際、根尖部根管の切削片による目詰まり防止を目...

根管拡大の目的

根管拡大の目的としては、以下のような点が挙げられる。 感染象牙質の除去 根管内容物の除去 薬剤浸透性の上昇 排...

歯髄電気診による歯髄炎の鑑別

歯髄電気診によって歯髄炎の鑑別を行うことは困難であるが、その傾向を把握できる場合もある。 歯髄電気診の閾値が低...

歯痛錯誤

歯痛錯誤とは、歯痛の原因となった歯とは異なる部位に歯の痛みを感じたり、口腔領域ではない部位の疼痛を歯の痛みのよ...

打診音による診査

打診音による診査の概要を以下に示す。 清音 – 健全歯 濁音 – 失活歯 –...

歯髄電気診

歯髄電気診は、歯髄に電流を流すことにより歯髄の生死を判定する診査である。 その他の歯髄の生死を判定する方法には...

根管消毒剤の組織浸透性を高める因子

根管消毒剤の組織浸透性を高める因子としては、以下のような因子が挙げられる。 揮発性である 表面張力が小さい 脂...

根管通過法

根管通過法とは、感染根管治療の補助的療法のひとつで、生理食塩水・0.1%アクリノール液・0.5%クロラミン液な...

感染根管治療における機械的拡大の意義

感染根管治療で機械的拡大が重要視されるのは、以下に示す理由による。 薬剤の到達性が高まる 根管形態を改善できる...

トランスポーテーション

トランスポーテーションとは、レッジやジップの形成など、歯内治療において本来の根管の位置を逸脱して拡大・形成して...

フィン

フィンとは、根管の断面が魚のヒレ状を呈する部位のことである。 根管治療において見落としやすいとされる。

フェニックス膿瘍(歯科)

歯内療法学・歯内治療学におけるフェニックス膿瘍とは、慢性化膿性根尖性歯周炎の感染根管治療後の病変の急性転化のこ...

水酸化カルシウム(歯科)

水酸化カルシウムは、覆髄や生活歯髄切断法、根未完成歯に対するアペキシフィケーション、根管消毒、根管充填など様々...

水酸化カルシウムによる生活歯髄切断法の治癒機転

水酸化カルシウムによる生活歯髄切断法の治癒機転について解説する。 歯髄切断面への壊死層の形成 壊死層の下への未...

歯科におけるホルムアルデヒド製剤

歯科におけるホルムアルデヒド製剤について以下に解説する。 ホルマリン タンパク質凝固作用 根尖歯周組織に対する...

エンド三角(サービカルデルタ)

エンド三角(サービカルデルタ)とは、根管口を塞ぐ屋根のように突出する象牙質のことを指す。 根管治療を行ううえで...

ダウンサイズド・キャビティープレパレーション

ダウンサイズド・キャビティープレパレーションとは、最小限の切削による窩洞形成のことである。

歯髄の網様萎縮(加齢変化)

網様萎縮について以下に解説する。 歯髄の加齢変化として現れる 歯髄細胞の減少が認められる 歯根部歯髄より歯冠部...