ヘルシンキ宣言

ヘルシンキ宣言は、ヒトを対象とする医学研究の倫理的原則について定めた宣言である。被験者の人権保護を謳っている。

ナチスドイツによる人体実験の反省から1947年にニュルンベルグ綱領が策定された。

それを発展させ、1964年の世界医師会総会で、ヘルシンキ宣言が採択された。