ポンティックの種類

ポンティックの材料ごとの分類には、主に以下のような種類がある。

金属ポンティック

金属のみで構成されるポンティック。

陶材と比較してプラークの付着量が多いとされる。

粘膜との接触部位は鏡面仕上げとする。

金属ポンティックは臼歯部に使用される。

レジン前装ポンティック

唇側面および頰側面のみレジンで前装され、他の部位は金属が用いられているポンティック。

レジン前装ポンティックは、主に前歯部・小臼歯部に用いられている。

陶材焼付ポンティック

ポンティックメタルフレームに陶材を焼成したポンティック。

グレーズ面が粘膜に接触する。

陶材焼付ポンティックは、前歯部・小臼歯部に使用される。

オールセラミックポンティック

ジルコニアフレームに陶材を焼成したり、あるいはジルコニアのみで構成されるポンティック。

オールセラミックポンティックは、前歯部・小臼歯部に用いられている。