Duchangeの法則

Duchangeの法則は、ブリッジ抵抗性の判定法である。以下の式で表される。

(R)=R - (F + F ・ S)

ブリッジの適応となるのは、R > 0 の場合である。R < 0ならばブリッジは不適応とされる。

なお、Rは咬合力に対する支台歯の抵抗、fはポンティックの疲労、F・Sは補足疲労を指す。