後ろう付け法

後ろう付け法は、陶材焼付鋳造冠の固定性連結部の製作法の一つで、陶材を金属冠に焼き付けた後にろう(鑞)付けする方法である。