アンテの法則

アンテの法則は、Anteにより1926年に提唱された法則である。

固定性ブリッジにおいて、支台歯の歯根の表面積の総和は補綴される欠損歯の歯根表面積と同等以上でなければならないとする。